注目度【90%】フィスコ 3807 JQ

こんにちは、satoです。

今日は、最近日経にもよく登場するようになったフィスコという企業の紹介をします。フィスコは金融情報の提供や仮想通貨取引所の運営などを行なっている企業です。数日前の決算までは、なかなか利益を生み出すことができず、株価もさえない状態が続いておりましたが、ようやく利益が軌道に乗り始めたようです。

ファンダメンタル上での注目ポイントは、「仮想通貨」です!!

最近巷でも、ビットコインやらイーサリアムだかが囁かれておりますが、フィスコの仮想通貨に関する情報は非常に優れており、力を注いでいることが感じ取れます。

今月中旬にはビットコイン建の社債を発行することも発表しました。今後、仮想通貨の話題はますます多いくなっていくことが予想される中で、フィスコの将来は非常明るいと考えられます。

金融情報サービスを手掛けるフィスコは、仮想通貨のビットコイン建て債券を試験発行した。発行額は約1億円分。ビットコイン建ての債券は国内初という。フィスコはグループで仮想通貨取引所を運営しており、仮想通貨による資金調達の道を示すねらいがある。

フィスコ傘下のフィスコ仮想通貨取引所が10日、グループ会社を対象に発行した。発行総額は200ビットコイン。現在のレートで換算すると約1億円で、償還期限は3年、利率は3%だ。

ただ法的な位置づけははっきりしない。会社法では円やドルなどの「金銭」で発行する債券を社債と定める。フィスコによるとビットコインは会社法上の金銭ではなく「会社法上の社債ではない」。金融商品取引法が定める有価証券にも当たらないとしている。

会計処理の方法も定まっていない。企業は社債を発行すると調達した資金を貸借対照表上の有利子負債に計上する。フィスコは「固定負債の『その他』項目に発行時のレート(円建て)で計上する」と説明している。

続いてテクニカル場のポイントです。

オレンジ色の線が25日移動平均線となりますが、数日前に25日移動平均線を超え、さらに昨日25日移動平均線が上昇トレンドへと反転しました。ファンダメンタルの状況も考慮すると、これからの上昇が大きく期待できる状況にあります。あとは直近最高値である430円を超えた時が楽しみですね。

どうもsatoでした〜。

1億円の貯め方を考えてみた

こんにちはsatoです。

いきなりですが、1億円ってどれぐらいで貯まると思いますか?

モーニングスター社の金融電卓という機能を使ってちょっと計算してみました!

すると、毎月10万円で30年間の投資期間として計算して見ると、

毎年約6%の利回りが必要でした。

ちなみに現金で貯金した場合には、なんと3600万円です。笑

複利の効果がこれでわかるのではないでしょうか。利回りが毎年ついていくだけで大きな差が生じます。。。。さらに運用期間が長ければ長いほど複利の効果が強くなります。毎年6%増えてたら30年だったらすごいですもんね。

 

だからこそ若いうちに投資に踏み込むことが大事だと心から思います。現在の1万円と30年後の1万円は、同じ価値のように見えてほんとは違うんですよねー。

 

早めに始めましょう!!

まあ年齢が上がるにつれ、毎月の積立額が少し多くなることも考えたとしても、4~5%の利回りは必要になってきます。安定的にこのような利回りを維持していくためには、分散投資をすることでリスクを抑えることができます。

僕は、次のような形で資産配分を組んでみました。

特に長期的な視点で期待してるのが仮想通貨です!!

仮想通貨の中でも分散投資をしていて、Bitcoinを始め11種類の仮想通貨に投資しています。それに関しては後日詳しく話したいです。

 

ではでは

satoでした。