投資信託手数料は低ければ低いほどいい!?

こんにちは

社会人1年目のsatoです。

まず結論から言いますと、

投資信託手数料は低ければ低いほどいいです!!!

投資信託というのは、資産運用会社が顧客の資金をまとめて株や債権を購入して運用しているものです。したがって、資産運用会社としては仲介の手数料として運用報酬や管理報酬を受けることになります。

(出典 投資信託協会)

しかし、、、、、、、

ほとんどの投資信託のパフォーマンスは、日経225などの指数のパフォーマンスより悪いのです。。。。

つまり、、、、

極端にいうと、、、、

適当に銘柄を選んだ方がパフォーマンスがよくなるということです。(笑)この話は非常に有名でウォール街のランダムウォーカーという名著にも書かれています。特に長期の運用においてはほぼほぼ投資信託は勝てません。。なぜかというと、投資信託では管理報酬や運用報酬などの手数料が3%近くかかってしまうためです。株価が3%上昇したとしても手数料で消えてしまうことになってしまうのです。

 

なので長期での運用を考えているなら、断然インデックスファンドがおすすめです。わたくしsatoは外国株式インデックスファンドを毎月2万円ずつ積立で投資しています。手数料はなんと普通の投資信託の10分の1以下の0.216%です!!!!!

管理報酬や運用報酬の確認は絶対にしましょう!!!!

 

以上satoでした〜

1億円の貯め方を考えてみた

こんにちはsatoです。

いきなりですが、1億円ってどれぐらいで貯まると思いますか?

モーニングスター社の金融電卓という機能を使ってちょっと計算してみました!

すると、毎月10万円で30年間の投資期間として計算して見ると、

毎年約6%の利回りが必要でした。

ちなみに現金で貯金した場合には、なんと3600万円です。笑

複利の効果がこれでわかるのではないでしょうか。利回りが毎年ついていくだけで大きな差が生じます。。。。さらに運用期間が長ければ長いほど複利の効果が強くなります。毎年6%増えてたら30年だったらすごいですもんね。

 

だからこそ若いうちに投資に踏み込むことが大事だと心から思います。現在の1万円と30年後の1万円は、同じ価値のように見えてほんとは違うんですよねー。

 

早めに始めましょう!!

まあ年齢が上がるにつれ、毎月の積立額が少し多くなることも考えたとしても、4~5%の利回りは必要になってきます。安定的にこのような利回りを維持していくためには、分散投資をすることでリスクを抑えることができます。

僕は、次のような形で資産配分を組んでみました。

特に長期的な視点で期待してるのが仮想通貨です!!

仮想通貨の中でも分散投資をしていて、Bitcoinを始め11種類の仮想通貨に投資しています。それに関しては後日詳しく話したいです。

 

ではでは

satoでした。

 

初めまして、社会人1年目のsatoです。

初めまして、社会人1年目のsatoです。

この4月に大学を卒業し、晴れて社会人となり、大手IT企業で働いています。

社会人生活をはじめてみた感想は、、、、

まあ、お金がたまらない。。。。笑

 

そこで、私satoは資産形成をすることの重要さに気づきました。一億円の資産を形成することを目的に現在勉強に励んでいます。

 

現在運用しているものは、

・株

・投資信託

・仮想通貨

の3種類です。このブログの中では、ポートフォリオを公開したり最近読んだ投資関係の本などを紹介したいと思います〜

みなさんと一緒に投資のイロハを勉強していきたいと思います。

それではこれからよろしくお願いします〜

satoでした。