【注目企業】孫さんの後継者となる若者が経営する会社、【じげん】とは!?

こんにちは、satoです。
今日は、僕が以前から注目している会社じげんを紹介します。

じげんは、求人サイト不動産サイトなどさまざまなウェブサイトを運営する会社です。

基本理念
ZIGExNは、生活機会の最大化を目指し、インターネットを通じて宇宙(せかい)をつなぐ『場』を提供することで、社会との調和を図り、共に持続的発展を追求していく。
※生活機会とは、じげんが定義する「人々がより良く生きるための選択肢」を指します。

つまり、じげんは、インターネットを通して、人々が個人それぞれにあった選択肢を提供したいということです。経営者のメッセージにもう少し詳しく書いてあります。

インターネットが誕生して40年超。WEB上に混在する各情報のひとつひとつを点と見立てると、点同士を結びつけて出来る面がWEBサイトに、そして複数のコンテンツを保有するポータルサイトは立体(3次元)になります。さらに、検索エンジンを宇宙(4次元)とするならば、じげんの展開するライフメディアプラットフォームは、余剰次元をアナロジーとして捉えることができるかもしれません。

いかにこの経営者の頭の中が変わってるか分かるでしょうか!?(笑) 経営者のメッセージでこのようなめっちゃ難しい入試問題に出そうな現代文書くでしょうか!?(笑)
実際の企業やサービスなどに置き換えて見ましょう!
1次元→ある賃貸アパートの情報
2次元→賃貸アパートの情報がたくさん載ったウェブサイト(SUUMO 、エイブルとか)
3次元→Yahoo! JAPAN、マイクロソフトのポータルサイトとか
4次元→Google

5次元以降→じげん!!!

Googleの次の次元をいくもの、、期待です!!
先ほども言ったようにこの経営者ヤバそうですよね、、、、、、ヤバいんです、異次元なんです。。

平尾丈(ひらお じょう)プロフィール


1982年、東京都生まれ。慶應義塾大学環境情報学部に在学中から2社のITベンチャーを経営し、数々の学生起業家選手権で優勝。ITベンチャー1社の代表取締役を兼任したまま2005年に株式会社リクルート(現・株式会社リクルートホールディングス)に新卒入社。2006年にリクルートより最年少取締役として現・株式会社じげんの創業に参画。2008年に代表取締役社長に就任。2010年にMBOにより完全独立。2013年に東証マザーズ上場。EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー・ジャパン 2013 大賞受賞、2014年AERA「日本を突破する100人」に選出。ソフトバンクアカデミアの合格者でもあり、孫さんの後継者になる逸材と言われている。

現在孫さん率いるソフトバンクは時価総額10兆円で株価は右肩上がりになってます。

20代の平尾丈率いるじげんは現在時価総額940億円で、株価はこちらもきれいな右肩上がりです。

現在じげんはマザーズに上場していますが、一部上場も検討しており、まだまだ大きな可能性を秘めていると感じます!!
是非Google、ソフトバンクを越えるような異次元に行って欲しいですね!!

以上satoでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です